『優しい。』なんて
他に褒める所が無い人に
言う台詞でしょう!?

響け!ユーフォニアム
by 小笠原晴香

黄前久美子(おうまえ くみこ)が入学した京都府立北宇治高校は、10年ほど前まで吹奏楽の強豪校だったが、現在はすっかり落ちぶれていた。

入学式で聴いた校歌演奏も酷いものだったが、小学生の時から吹奏楽を続けている久美子は級友たちの誘いを断りきれず吹奏楽部へ入部する。

ユーフォニアム演奏歴7年の久美子、全国有数の強豪中学出身であるコントラバス奏者の川島緑輝(かわしま さふぁいあ)、人数調整でチューバ担当に回された吹奏楽未経験者の加藤葉月(かとう はづき)のクラスメイト3人は揃って低音パートに配属される。

久美子の幼馴染の塚本秀一(つかもと しゅういち)はトロンボーンを選択する。

新入生の中には高坂麗奈(こうさか れいな)の姿もあった。中学最後の吹奏楽コンクールで、久美子と麗奈のいた北中は全国大会出場という部の目標を果たせなかった。

悔し涙を流す麗奈に向かって久美子は、本気で全国に行けると思っていたのかと冷めた本音をつい口にしてしまった。しかしそんな毒のある久美子の言動に、麗奈は密かに好感を抱いていた。中学時代は顔見知り程度だった2人は互いに意気投合する。

「"響け!ユーフォニアム"」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
URL: http://ja.wikipedia.org/

名言投稿機能

お気に入りのアニメ名言を登録申請可能です。

サイドバー

  1. 海を泳いでいる最中には 海の広さはわからんよ

    海を泳いでいる最中には 海の広さはわからんよ

  2. これからこの世を背負って行く若者に 今この世を背負っている大人の… 我らの生き様を見せんでなんとする!

    これからこの世を背負って行く若者に 今この世を背負っている大人の… 我らの生き様を見せんでなんとする!

  3. 大人になって 人との距離感がわかるようになると 衝突をすることすら避けるようになる

    大人になって 人との距離感がわかるようになると 衝突をすることすら避けるようになる

  4. 父親ってのはいつもひと言足りないのさ その分は子どもが自分で 埋め合わせなくちゃならない

    父親ってのはいつもひと言足りないのさ その分は子どもが自分で 埋め合わせなくちゃならない

  5. 三次元に希望を持っていた時期が 僕にもありますた

    三次元に希望を持っていた時期が 僕にもありますた

勇者ヒンメルなら
そうしたってことだよ

葬送のフリーレン
by フリーレン