並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 運命さんね オレそいつ 嫌いなんだわ
    • ブラッククローバー

    運命さんね オレそいつ 嫌いなんだわ

    ブラッククローバー:ヤミ・スケヒロ

  2. 恥ずべきは弱い者ではない… 弱いままの者だ!!
    • ブラッククローバー

    恥ずべきは弱い者ではない… 弱いままの者だ!!

    ブラッククローバー:フエゴレオン・ヴァーミリオン

  3. 今ここで限界を超えろ それしか道はねぇ
    • ブラッククローバー

    今ここで限界を超えろ それしか道はねぇ

    ブラッククローバー:ヤミ・スケヒロ

  4. 諦めないのが オレの魔法だ!!!!
    • ブラッククローバー

    諦めないのが オレの魔法だ!!!!

    ブラッククローバー:アスタ

  5. かつて世界が魔神とよばれる存在によって滅ぼされようとした時、1人の魔導士が現れて魔神を打倒し、世界を救った。後にその魔導士は伝説となり、魔法帝と呼ばれた。

    それから時は過ぎ、クローバー王国は代々の魔法帝とその下に存在する9つの魔導士集団「魔法騎士団」によって、平和を謳歌していた。そこに住む下民で孤児の少年・アスタは、同じ孤児である少年・ユノと共に、魔法帝を目指して日夜鍛錬を続けていたが、魔法の才能溢れるユノとは正反対に、アスタは全く魔法を使えずにいた。

    やがて15歳になり、魔導書(グリモワール)が授与される日、ユノをはじめとする周囲の者達へ魔導書が与えられるが、アスタだけには与えられなかった。その後、ユノの魔導書を狙う盗賊によって、アスタは自分が生まれながらに魔力を一切持たない人間であることを知る。アスタは絶望して夢を諦めかけるが、ユノの言葉に闘志を再び滾らせ、魔法を無効化する力を宿した「五つ葉の魔導書」を手に入れ、盗賊を撃退する。

    改めて魔法帝を目指すことを決意したアスタは、半年後、最低最悪の魔法騎士団と言われる「黒の暴牛」に、ユノは最強の魔法騎士団「金色の夜明け」にそれぞれ入団する。2人の魔法帝を目指すための一歩が、ここから始まる。

    「"ブラッククローバー"」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
    URL: http://ja.wikipedia.org/

名言投稿機能

お気に入りのアニメ名言を登録申請可能です。

サイドバー

  1. 当たり前と思われる所にこそ 答えは隠されているものだ

    当たり前と思われる所にこそ 答えは隠されているものだ

  2. 人はどうでもいいことに命を懸けない。

    人はどうでもいいことに命を懸けない。

  3. タチが悪いのは、 批判だけをして自分は何もしない人間だ

    タチが悪いのは、 批判だけをして自分は何もしない人間だ

  4. 間違った情報は 何も知らないより怖いからね

    間違った情報は 何も知らないより怖いからね

  5. あまり強い言葉を使うなよ 弱く見えるぞ

    あまり強い言葉を使うなよ 弱く見えるぞ

勇者ヒンメルなら
そうしたってことだよ

葬送のフリーレン
by フリーレン