「負けたことがある」というのが
いつか大きな財産になる

SLAM DUNK
by 堂本五郎

神奈川県立湘北高校に入学した赤い髪の不良少年である桜木花道は中学時代に50人の女性から振られ続けた上、最後に振られた女性が「バスケ部の小田君」に好意を持っていたため、バスケットボールが大嫌いになっていた。

しかし、廊下で自身に声をかけてきた赤木晴子に自身の長身と筋肉、身体能力の高さを見出された花道は彼女にバスケット部への入部を薦められる。

花道は晴子に一目惚れし、バスケットボールは全くの初心者であるにもかかわらず、晴子目当てに入部。その後、地道な練習や試合を通じて、徐々にバスケットの面白さに目覚め、その才能の芽を急速に開花させる。

「"SLAM DUNK"」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
URL: http://ja.wikipedia.org/

名言投稿機能

お気に入りのアニメ名言を登録申請可能です。

サイドバー

  1. その誇りは どんな法律や規則よりも大切なものだ

    その誇りは どんな法律や規則よりも大切なものだ

  2. 大人になって 人との距離感がわかるようになると 衝突をすることすら避けるようになる

    大人になって 人との距離感がわかるようになると 衝突をすることすら避けるようになる

  3. コミュニケーションは チームワークを高めるんだよ

    コミュニケーションは チームワークを高めるんだよ

  4. 父親ってのはいつもひと言足りないのさ その分は子どもが自分で 埋め合わせなくちゃならない

    父親ってのはいつもひと言足りないのさ その分は子どもが自分で 埋め合わせなくちゃならない

  5. 何かに一生懸命になれるって事は それ自体が才能だと思う

    何かに一生懸命になれるって事は それ自体が才能だと思う

道草を楽しめ 大いにな
ほしいものより大切なものが
きっとそっちに転がってる

HUNTER×HUNTER
by ジン=フリークス